脱毛期間中の日焼けには本当に注意して

脱毛サロンに通っている最中、私生活において守らなくてはいけないことがいくつかあります。

例えば、脱毛施術前後はアルコールを摂取してはいけません。

脱毛施術を行った肌にとって、アルコールは危険なものなんですね。

体を温めてしまうため、炎症や肌トラブルを起こしやすいんです。

運動も体を温める行為なので、控えなくてはいけません。

美容・健康のためにプールに通っている人は結構いますが、塩素という肌に刺激の強い成分が入っていたり、また雑菌も多いので行ってはいけないんです。

これらは脱毛サロンに行く前や、施術の後長くても数日間守ればいいことです。

ですが「日焼けをしてはいけない」ということは、サロンに通っている間ずっと守らなくてはいけません。

日焼けをすることは、施術前の肌にも施術後の肌にもよくないことなんです。

まず、紫外線を浴びると皮膚が赤くなりますよね。

あれは紫外線によってダメージを受けているためです。

光脱毛は、熱エネルギーを肌に照射するというものなので、そのダメージを受けている肌にさらに熱を当てることで火傷を起こしてしまう場合があります。

火傷をしてしまうと、もちろんその部位の施術は受けられなくなってしまいます。

そして、光脱毛の熱エネルギーは「メラニン色素」というものに反応するようになっています。

メラニン色素はつまり黒い色素のことで、毛が持っているものです。

そして人間が日焼けをして黒くなるのは、メラニン色素の働きのせいです。

日焼けした肌に光をあてると、ムダ毛にしか反応しないはずの熱エネルギーが肌にまで照射されてしまい、肌トラブルを起こす可能性もあります。

あまりにも日焼けをしている場合は、施術を断る脱毛サロンもあるので注意しましょう。

そして、肌に熱エネルギーを照射するわけですから、脱毛施術を受けるということは少なからず肌にダメージを受けてしまうということになります。

その状態で紫外線を浴びると、火傷をしてしまったり、シミとして肌に残る場合があるんです。

なので、基本的に脱毛サロンに通っている間はずっと紫外線対策を欠かさずやることが大切です。