夢に向かって走り出しました

わたしはずっと子供の頃からモデルさんに憧れてきたんですが、ついに先日事務所に所属することができたんです。

小さな頃にちょっとだけ劇団に所属していて、子役といってもエキストラくらいですが、ドラマの仕事をしたりしてたんです。

その後に知り合いの人から、小さいけどモデル事務所を紹介してもらったことがあって、面接を受けたりしてたんですが、なかなか声がかからなくて「もうダメかも」って思っていた矢先でした。

でもまだまだモデルとしてのお仕事はもらえなくて、ウォーキングのレッスンとか準備段階なんです。

それで、エステにも通い始めてるんですが、ムダ毛の脱毛は必須にされてるんですよ。

この頃の脱毛は痛くないって友達にも聞いてたんですけど、事務所の人によれば痛みがあるほうが効果的なんだとか。

強力に脱毛できる、医療レーザー脱毛を受けてほしいということなんですね。

費用は事務所が負担してくれるというので安心なんですけど、痛い脱毛っていうのがちょっと心配になってます。

この先、どんな良いお仕事がもらえるかわかりませんが、とりあえず今はそんな感じできれいになるための準備をしなきゃって感じです。

憧れのモデルさんみたいに雑誌やTGCみたいなイベントに出られるようになることを目標にして、今はがんばるしかありませんね。

万が一のため医療機関のサポートの有無も確認しておこう

自分でムダ毛処理をしている人は多いと思います。

メリットは色々とありますが、やはり手軽に出来ることと安い値段で出来ることでしょう。

カミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、脱毛テープなどがありますが、これらを利用する人が多いと思います。

カミソリや毛抜きは100均などでも手に入りますし、脱毛クリームや脱毛テープも1000円以下で買えるものはたくさんありますからね。

自己処理は手軽に出来る半面、デメリットも多いんです。

おそらくデメリットの1番の理由としては肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いということだと思います。

脱毛クリームや脱毛テープは明らかに肌に負担がかかるとわかる方法なので、毎日することは禁止されていますよね。

カミソリや毛抜きも目に見えませんが肌に結構なダメージを与えています。

例えばカミソリは毛を剃る時に、少し皮膚も削ってしまっているんですね。

なのでヒリヒリしたり、カミソリ負けを起こすことがあるんです。

毛抜きも意外と思うかもしれませんが、かなり肌に負担をかけています。

なので、肌トラブルを起こさず脱毛するには脱毛サロンに行くのが一番なんです。

脱毛サロンでは肌トラブルを起こさないよう注意して施術をしてくれますし、アフターケアもきっちりしてくれます。

アフターケアとは、冷やしたタオルやガーゼで脱毛した部位を冷やしたり、しっかりと保湿をすることなんですが、これが自己処理では出来ていないために肌トラブルを起こしやすいんです。

そして、何より安心出来るのは脱毛サロンでは医療提携をしているところがあります。

施術中・施術後に100%トラブルが起きないとうい保証はやはりないので、万が一の時に備えて医療提携をしているのです。

医療提携をしていても、サロンによって対応は全く異なります。

担当医師がずっとサロンにいるところもありますし、トラブルがあった時に提携している医師に連絡を取るところなどです。

なので、脱毛サロンのカウンセリングに行った際は、医療提携をしているか、トラブルがあった場合の対応と料金の返金はどうなるかなど、最初にサポートの有無や内容を十分に確認しておきましょう。

最初に掲示された料金以外にも取られることはないか確認!

脱毛サロンに通うことを決めた時、まずはどこのサロンに通うかを決めなくてはいけませんよね。

脱毛サロンというのは有名な大手の会社から個人経営のところまで非常にたくさんありますから、最初は迷ってしまいますよね。

初心者の方だったら、最初は大手の有名サロンに通うといいと思います。

個人経営のサロンが悪いというわけではありませんが、やはり有名サロンの方がネットで情報を探しやすいので失敗することが少ないんです。

そして、金額・支払い方法・立地・実施中キャンペーンなどを考慮しながら決めていくわけですが、やはり一番大事なのは金額ですよね。

人にはそれぞれ脱毛にかけられる予算がありますから、結局そこが一番重要かと思います。

有名サロンであれば、ネットで調べるとホームページなどですぐに価格やキャンペーン情報がわかると思います。

なので決めやすいとは思うんですが、中に掲示されている料金以外にも取られてしまう場合があるんです。

これは結構問題になっていることなんですが…。

例えば、入会金や施設料、ホームケア用品などの金額を契約後に請求してくるサロンは優良サロンとは言えません。

そういったサロンは、金額を前払いしている場合でもクーリングオフ期間であれば契約をキャンセル出来ますので是非オススメします。

そして、大手サロンであっても思わぬ追加料金が発生する場合があるんです。

例えば、サロンを予約している日に急に外せない用事が出来てしまい、サロンをキャンセルする時がありますよね。

その場合、キャンセル料金を取られる場合があります。

これはとるサロンととらないサロンがあるので一概には言えないのですが、前日までにキャンセルをするととらないサロンや、また少ない金額で済むサロンも多いです。

当日キャンセルとなるとちょっと高いキャンセル料をとる所もあります。

そして、サロンに行く前は脱毛部位を自分でシェービングしておかなければなりません。

もし処理せずそのまま行くとサロンがシェービングをしてくれる場合がありますが、その時はシェービング代を別途支払わなければならないことがあります。

こういた追加料金については、事前にサロンに確認しておくようにしましょう。

脱毛施術後の運動は体を温めて危険なのでNG

脱毛サロンに通えば通うほど、肌がツルツルになっていくのを実感すると思います。

ムダ毛のない肌になってくると、肌を露出した服装をしてみたくなりますよね。

例えば今まで挑戦出来なかったミニスカートやショートパンツ、そしてビキニラインの脱毛もしている人ならビキニを着てみたりなど。

そして、腕や足などを露出するなら!とダイエットを並行して始める人も多いと思います。

自分磨きはとてもいいことなんですが、脱毛サロンに通っている以上注意しなければいけない点もいくつかあります。

脱毛サロンに行く前や、脱毛後は運動を控えなくてはいけません。

脱毛サロンではそもそも、光脱毛と言って毛の細胞を破壊する「熱エネルギー」を肌に照射するという施術を行います。

何せ「熱エネルギー」なので、肌はダメージを受け弱い状態になっています。

施術後の肌は熱に弱いんです。

運動をすると、どうしても体温が上がってしまいますよね。

すると、肌が炎症を起こしたり毛穴が赤くブツブツになったり肌トラブルを起こしてしまう可能性があるんです。

そして、体温が上がると汗をかきますよね。

汗をかくことで雑菌が繁殖するので、赤み・かゆみなどが起こってしまう原因になります。

なので、脱毛サロンの前後だけは運動が控えるようにしてください。

ウォーキングやジョギングを日課にしている人も、その日だけはお休みした方がいいです。

ジムももちろんお休みですし、ホットヨガやサウナなど体を動かさなくても体温が上がったり汗をかいてしまう行為もダメです。

そして、プールに通っている人も中には多いのではないかと思います。

そしてプールだとあまり体温を上げることなく運動をすることが出来ますよね。

しかし、プールには塩素という肌の刺激になるものが含まれています。

塩素により肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、プールは施術後1週間くらいは控えなくてはいけません。

また理由は他にもあり、プールには不特定多数の人が入るので雑菌もたくさんいます。

弱っている肌に雑菌が入ってしまうと炎症を起こしてしまう恐れもあるんです。

脱毛期間中の日焼けには本当に注意して

脱毛サロンに通っている最中、私生活において守らなくてはいけないことがいくつかあります。

例えば、脱毛施術前後はアルコールを摂取してはいけません。

脱毛施術を行った肌にとって、アルコールは危険なものなんですね。

体を温めてしまうため、炎症や肌トラブルを起こしやすいんです。

運動も体を温める行為なので、控えなくてはいけません。

美容・健康のためにプールに通っている人は結構いますが、塩素という肌に刺激の強い成分が入っていたり、また雑菌も多いので行ってはいけないんです。

これらは脱毛サロンに行く前や、施術の後長くても数日間守ればいいことです。

ですが「日焼けをしてはいけない」ということは、サロンに通っている間ずっと守らなくてはいけません。

日焼けをすることは、施術前の肌にも施術後の肌にもよくないことなんです。

まず、紫外線を浴びると皮膚が赤くなりますよね。

あれは紫外線によってダメージを受けているためです。

光脱毛は、熱エネルギーを肌に照射するというものなので、そのダメージを受けている肌にさらに熱を当てることで火傷を起こしてしまう場合があります。

火傷をしてしまうと、もちろんその部位の施術は受けられなくなってしまいます。

そして、光脱毛の熱エネルギーは「メラニン色素」というものに反応するようになっています。

メラニン色素はつまり黒い色素のことで、毛が持っているものです。

そして人間が日焼けをして黒くなるのは、メラニン色素の働きのせいです。

日焼けした肌に光をあてると、ムダ毛にしか反応しないはずの熱エネルギーが肌にまで照射されてしまい、肌トラブルを起こす可能性もあります。

あまりにも日焼けをしている場合は、施術を断る脱毛サロンもあるので注意しましょう。

そして、肌に熱エネルギーを照射するわけですから、脱毛施術を受けるということは少なからず肌にダメージを受けてしまうということになります。

その状態で紫外線を浴びると、火傷をしてしまったり、シミとして肌に残る場合があるんです。

なので、基本的に脱毛サロンに通っている間はずっと紫外線対策を欠かさずやることが大切です。

ムダ毛処理には電気シェーバーが肌の負担が少ないからオススメ♪

脱毛処理を自分でやっている人は多いと思います。

自分で脱毛処理をする場合は色々な方法があります。

例えばカミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、脱毛テープなどです。

カミソリはI字型やT字型などがあり、剃る部位によって変えることが出来ます。

表面に出ている毛しか処理することが出来ませんが、剃りたてはツルツルになります。

毛抜きは毛を根元から抜くので、次に生えてくるまで時間がかかるので処理の回数が少なくて済みます。

しかし、何せ1本1本抜いていくので処理が大変です。

ワキや眉毛など毛が太い部分にピンポイントに使うのには向いていますが、足や腕の毛に使うのは向いていません。

脱毛クリームは、クリームを塗って放置することで毛を溶かすという脱毛方法です。

カミソリと同じく表面に出ている毛しか処理できませんが、処理したてはやはりツルツルになります。

脱毛テープは、脱毛したい部位に張り付けて一気にはがすことで毛を脱毛するという方法です。

テープについて毛が抜けるので、毛抜きで処理した後と同じような感じになります。

毛抜きよりも広い範囲を一気に処理できますし、ビキニラインなどにも使える商品もあるのでオススメです。

こういった脱毛方法がありますが、中でもやはり一番オススメな方法は「電気シェーバー」を使った脱毛方法です。

電気シェーバーは別名「レディースシェーバー」とも呼ばれているものです。

「カミソリと同じようなものなんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、電気シェーバーは肌に刃が直接当たらない設計になっているんです。

また、刃がそんなに鋭くないため肌を傷付ける心配もありませんし、また広い範囲を一気に処理出来るのでカミソリに比べて肌トラブルを起こす可能性もなく非常に便利なんですね。

また、電気シェーバーにも色々あります。

バッテリー式や乾電池式などがありますが、自宅用はバッテリー式、泊まりなどに行く際は乾電池式を使うなど使い分けをしてもいいと思いますし、お風呂ばで使う場合は防水タイプのものを選ぶなど、使用するシーンに応じて選ぶようにしましょう。